クローバーボヌール(大田原)2010年版のメイキング2にJUMP!!

20年目にしてやっと2号店を出すことになった“カメ”のクローバーです、
これは門柱や噴水になる予定のものです、
塩ビ管にセメントを流し込んで作る円柱。





噴水用の水の配管
これは最新のナイロン?製のホースとジョイント、錆び知らずの優れもの。

まずは感触を見る・・・
この黒いホースが噴水の主役、井戸の水を使うのですが
ここから水が湧き出るのです。

 ガムテープで
ベタベタ〜このペットボトルは軽量化とセメントの節約♪

全ネジの鉄棒は塩ビ管をベースの鉄板に押し付けて固定するためのもの

塩ビ管とベースの隙間をコーキング剤で充填して
これで水が漏れないセメント型の出来上がり。

 
2009年10月19日現在はこんな感じ・・

  

数日後床暖房の発熱コイルを
埋めるセメントの注入〜この車からドバドバ!っとセメントが流れ出します。 

流し込んだら固まらないうちにトンボで
平らにならす・・これがもうさすが職人!!見事です♪

実は奇しくも
私もセメントデイ!しかしこねるのはこのミキサー、監督のリブハウスさんからの借り物です。
あの大型のミキサーから流し込んでもらえば一瞬で用事は済みますが、
あちらはグレー、こちらはホワイトセメントそうはいかないのでした・・・

百均で買った\525のボウルに穴を開け
噴水のホースを通してボウルをベースから伸ばしたアイアンで締め上げて固定。
この塩ビ管とボウルの隙間から地道にスコップでセメントを流します。

フーっ!やっと満タンです。

これは鉄で作った鳥!
これが噴水の水の出口です。

一日後固まったらボウルを外します
離型剤としてシリコンスプレーを表面に吹いておいたのでパカッと簡単に外れます。

クローバーにて夜、鳥をゴールドに塗装します。

こんどは同じようにもう少し高さのある
門柱に取り掛かります、ペットボトルは四角いため角のセメントが薄くなるので
こんども廃品利用、長尺のテーブルクロスが巻いてあったダンボール紙の芯にプチプチを巻きました〜

現場にて、すでに10月25日 

旭電工が見守る中作業〜


暗くなり帰り際に旭電工さんにライトを借りて大助かり
世は情け・・・左は先日の噴水。

   
七輪に炭を入れてドライヤーで風を送ると1300℃にも達します。真っ赤になったところを
ハンマーで叩きます先を尖らせて鉄筋を曲げてゆきます。


全長3.5Mのコイツはレストランの照明になります、ここにライティングレールを取り付けスポットをぶら下げます。

十字架の位置決め!
 
激しい議論!!

何気ないしぐさも職人技は見ていて気持ちが良いものです。

レストランの吹き抜けの工事はさながら劇場の舞台装置のようです。

こちらは入り口の天井付近。


昼も隙があれば製作!!
このころはまさに鍛冶屋さん♪
しかし!
一日はあっというまに過ぎさりすぐに夜・・・
  

心の支え?はスヤスヤ眠る茶太郎です。

どんどん店はできてきました!
自分の分担が間に合うかドキドキ!

暗くなっても頑張ってくれてます。

レストランの完成予想図を描きました。

トイレはここから大幅に変更〜
扉の開きっぱなしは最初からの構想で世界初?のシステムです。

店の中心からレストランとカフェに続くトンネル!
ここをアーチにするのが難関!レストランは鈎状に90度曲がってます・・
しかし益子建築さんは創意工夫の元に
やり遂げるのでした〜

十字架もしっかり出来上がりつつあります。



キッチン奥から玄関を望む、今とはぜんぜん違う風景♪

私もわずかでも時間があれば製作!

昼間休憩時間につくり夜仕上げる〜
の繰り返し!!

で、次の日この辺が11月22日



調理場のマルにヘルプ!
なぜなら
私は急ぎで
スタッフ同士でぶつけた車の応急処置・・
目立たなければイイ!ということなので。

いつもは2液性のウレタンでちゃんと?塗るのですが今回はコレ!

マスキングはいつも面倒・・嫌いです。

こんな感じで目立たなくなり終了〜
コレは責任感がなくてよい仕事でたまには気楽でいいわ・・

その間にマルはひたすら溶接跡を磨いてくれています♪

日が傾くのが早い!ランチが終わって落ち着く3時半とかから作業をはじめても
道具を用意して片付けてを抜くと正味2時間できない・・進まないなぁ〜〜〜

これがコンプレッサー
この後数日後に過酷な使用に耐えられずご臨終〜

粘って粘って塗装を続けます。

合間にはいつものように?
いただきものの枝ものを飾るアイアンなど
作ったり・・・

スーパーカブのスプロケット(歯車)と針金と鉄板と
チェンで2号店用の照明を作ったり

本業優先ゆえ2.3日できないことも多くて11月25日
夜露で錆びないように
ブルーシートで囲っていても錆びます・・・
磨いてすぐ塗るしかない!!

 
磨けば、黒金(クロガネ=鉄)の名前のとおり金属の美しさ・・

これはプラサフいう防錆&下地剤

  

 
黒で仕上げて できあがり。


   
ちょっとミサイルランチャーみたいです。

さて店のほうは・・・・




腰つきが最高♪


年末の追い込みです。
親方が探し当てた
光の入り方で色が変わる不思議なステンドグラス、玄関扉用です。

  親方に複雑な技術を解説していただきます。

  
これは難関!
良く完成してくれました〜

 
この大きさをぺろっと貼る腕!

  
もくもくと情熱を込める。

職人はいつの日もかっこいい!


樹齢300年の杉をj削る。

  
外壁の足場。

すでに11月28日
いや〜抜けるような青空!日本じゃないみたい!!

トンネルが完成〜
やっぱアーチはいいなぁ〜〜


十字架もイメージどおり。
 PCで作った元のイラスト。

着々と進んでゆきます、さすがプロはすごいなぁ〜
この壁が看板になるのです。

ロードサイドからはこちらが見えます。
調理場の裏になるのですがゴミ置き場や室外機などが並ぶ予定です。
画面左上から伸びているのは仮設の電源です。

日が暮れるのが早くてうらめしい・・

ずんずん時間はすすむ!! 
内部の「珪藻土に加え
外壁もジョリパッドが塗られ、ずいぶん店っぽくなりました。

親方の労作である玄関の扉!
火事になってもこれだけは外して逃げると約束しました!
某メーカー製のおすすめが200万円だったのですがもちろん問題外!嫌がる親方におねだりして作ってもらったのでした〜
取っ手のアイアンはウインチで曲げたそうです!!

床に石が貼られカフェのデッキも石貼り開始♪


バーカウンターにボトル棚、少しづつ店になってきましたよ〜

社長の息子のサトシが2日かけて作ったアイアン!今は格好のライトのスタンドになっています。


ステージの回りぶちをどうするか協議中!
結局はシロウト考えの恐ろしさですが剥いた極太の銅線で縁取ることに♪

重機が行ったり来たりこれはもう人力ではお話にならない世界!

::::::さて店見戻り:::::
次はレストランにあるステージを取り囲むように飾るアイアンです。

  
蝶番で設置や輸送に関して多少融通が利くように、また分解式の旗蝶番なので後のメンテナンスも簡単です。

  
  これは足です。 
   
  コロコロ動いて作業しづらいので
ふたつをまとめて固定して作業〜
  
取れないように頑丈に固定!

  
フェンスの縦棒はパイプの先端を丸めてお尻にハンマーで叩く部分をつけた工具を作り
赤めて鉄が柔らかいうちに工具を打ち込み広げます!
これが後でビー球が乗る台座になります。
   
だんだんフェンスになってきました。
 ちなみにあまりにも簡単な設計図たち・・・

 

  
熱して、叩いては曲げ、の繰り返しです。
  予定とは形状が変わってきました、このテキトーさ加減がシロウトの良いところ? 
出来上がれば良いのです、さらに良くなるための変更と信じて仕事をすすめます!

まとめて塗装するためにフェンスはちょっとしまいます!


さて次なるお仕事は・・
敷地の境界線たる壁の一部がなぜか途切れてしまうことになり 
そこをカバーするアイアンを現場監督に頼まれたのでした

  
夜の鍛冶屋さん・・もう恒例です。

 塀を挟む部品を溶接し早くプラサフを塗布したい〜

本当は湿り気のある夜は塗装に良くないのですが乾燥している冬なのでなんとか・・・
気温がマイナスになりそうなのでそれが心配!
冬用のシンナーを使いますがギリギリ、屋根はないし囲いもないし、とびきりの悪条件です。

もう日が暮れましたが10時を過ぎると夜露で錆びるがわかっているので
ここは昨日のフェンスも含めて一気に塗ります!


ヘッドライトと
 
車のライトが頼りです。
 
一夜明けて12月20日
雨が降らなくて良かった♪
 
すかさず梱包!
大田原に移動する用意!

12月21日
クリスマス目前!
さてお次は
敷地内に入るところの塀にのせる小さな電光の看板!
 
鉄板を溶接してフレームを作ります。

   
側面の板と
足を作ります。

 
このように下に向けて作業できるのは非常にやりやすい!ラクチン♪

   
フレームができました。

さちべえにアクリル板のカットをしてもらう・・・
これが看板の文字の部分で透過光が文字を裏から照らします。

 やはりこれもプラサフしてから黒に塗装。  

 
PCでプリントアウトした文字をアクリル板でカバー!
内部にはテープLEDなるものを仕込んであります。
   
12VのAC電源と接続し100V対応にします。
  
配線はギュッとまとめて・・
 隙間テープを内部に貼り
印刷した紙とアクリル板を固定するリブにします。
あとはシリコンコーキングでアクリル板を固定して防水。
 

こんな感じでボヌールのイメージカラーであるクリームと茶で製作〜 

責任重大かつ大仕事が
クローバーボヌールの背面の壁一面に広がる看板!横幅9Mです!


   
2mmの薄めの鋼板をアセチレンのトーチで切断〜


切り抜くとこんな感じです。

そうこうするうちに
もうひとつの宿題をついに片付けるときが来ました!

銘木のサンプルをいただいたので
それをもとにアイアンでフレームをつくり蓄音機の台を製作〜
南那須の原始林窯さんに毎年いただくクリスマスプレートのお返しなんですが
去年はいいアイディアが浮かばずに保留になっていた案件です!


しっくり来ました〜良かった!
控えめなお二人にめずらしくリクエストをいただきました
それだけ大切な蓄音機ですがやっと落ち着く場所が決まり安堵していてくれているでしょう♪
やはりリスニングポイントは椅子に座った耳の高さなので音が良くなりました。  
台にも使ったアクセントの“コレ”は実は草を刈る刈り払い機の使用済回転刃です。
 レコードを立てかけるためのものです。

とっても喜んでいただけてうれしいです。
原始林窯さんご夫婦と
奥様である小稟(コリン)さんのお兄さんとクローバー副店長のボタ。

ここでお守り・・・
実は愛車のパジェロをここで失いました、
送り主は多分弟・・

事故には気をつけましょう!

クリスマスが終わり、
また現場へ様子を見に来れました!
12月26日です。

  
床の石ばりも終わり   噴水の設置場所の製作をしていただいています。
 
下書きがすごい!コンクリートにビッチリと石の寸法が一つ一つ描かれて
その通りにピシッ!と貼られてゆきます。
 
カフェの天井が自慢!杉無垢材の板張りです。

型から離型しておいたセメントの円柱を玄関前のアプローチの起点として設置、
   
やはり重機の出番!操作が絶妙に上手い!


アイアンに照明が付きました。
一応イメージどおりにできました〜
一安心!!

12月30日です。2009年もあと1日!


なので、戻ったら夜でまっくらですが、急がないと!

 
文字作りは結構疲れます!い〜かげんがすきなのに・・・

   
2mmの鋼板なので補強が必要、壁に取り付けるものなので長期間の使用を考え、分厚い鋼板よりトータルでの軽量化を目指します。
どっちにしても
レーザーとか使わないと熱で歪むんですけどね〜

この辺からモップ登場♪




さあ
次はいよいよ第2章〜
2010年版です



BACK